お金を借りるおすすめプロミス

プロミスでお金を借りる条件

プロミスを利用するには給与所得があるのが前提条件となります。
それは、消費者金融に適用されている貸金業法が原因となっており、所得の1/3以上の融資をしてはいけないと決まっており、給与証明が提出できない方は審査対象外だからです。
実際にはプロミスの希望上限額が50万円以下、もしくは他社借入も含めて100万円以下の場合は、原則として収入証明書類の提出は不要ですが、審査の過程で必要になる場合もあります。

 

対象年齢は20〜69歳としていますので、学生の方でもパートやアルバイトで、安定した収入があれば申し込み可能です。連帯保証人や担保、また入会金や年会費は必要ありません。

 

専業主婦や年金受給者の方は、プロミスを始めとした消費者金融サービス全般が利用できないので、銀行カードローンに申し込んだ方が良いでしょう。学生の方で無職の人は、学生ローンを検討した方が金利なども優遇された融資が受けられるでしょう。
以上の事から、ネット申し込みの前に返済シミュレーションで確認しておくことが推奨されています。自動契約機でカードローンの手続きをする段階になって、利用できない金融機関だと分かるのは時間のロスだからです。

プロミスが人気の理由

給与所得のある方で、安定した収入が証明できる状態であれば、プロミスや他の大手消費者金融の審査が受けられます。その際にデメリットに挙げられるのが、勤務先への電話による在籍確認です。
電話連絡をする担当者のリクエストが出来るなど、キャッシング会社でも工夫をしていますが、それでも電話がかかってくるのは困ると言う方が大勢います。
しかし、プロミスは電話ではなく書類の提出で在籍確認をすることが可能です。書類を提出するのが面倒だと思うデメリットよりも、会社に電話連絡を受ける不安が解消できるメリットの方が評価されています。
これにより、会社が休みの土日でも、書類で在籍確認が出来るので審査を受け即日融資にも期待できます。もちろん審査に通過するのが利用にあたっての条件となります。

 

また、初めて利用する方で、WEB明細に登録するなどの条件をクリアすると、30日間の無利息サービスが利用できる特徴もあります。プロミスの30日間無利息は、契約翌日ではなく初回の借り入れから適用されるので無駄なく使えるのも特徴です。
無利息期間中でも返済日には、返済額を銀行振り込みするか、銀行口座引落にするなどの方法を選ぶので、返済方法はしっかり確認しましょう。
万が一、返済を忘れた場合は、通常金利が適用されるほか、遅延損害金も加算した返済額になるので要注意のポイントです。

プロミスをさらに便利に活用

消費者金融を利用する際に、勤務先への在籍確認と並ぶデメリットがあります。それは、提携ATMを利用した時に後日ご自宅に郵送される利用明細書です。利用明細書や領収書の発行も法律で定められており、確認のためにも欠かせない書類とされています。
最近では大手消費者金融でも、WEB明細の利用で郵送物を受け取らないシステムが出来てきましたが、プロミスでもWEBに限定して融資・返済を行うと、利用明細書やローンカードの郵送がありません。
このように郵送物を受け取ることを避けられるので、親や配偶者に内緒で借金したい方にも安心できる理由に挙げられています。
家族に知られずに利用できると、専門学生が資格試験の費用を捻出するにも最適です。

 

会員サービスも充実しており、プロミスではポイントをためるとお得な利用ができます。申し込みや書類提出、お知らせを受け取ると所定のポイントが加算されます。250ポイントから利用できて、無利息期間の適用や、提携ATM手数料の無料サービスまであるので、快適な利用が可能です。さらにポイントがたまると最大で30日間の無利息期間が再度適用されます。

 

また、ジャパンネット銀行口座を開設しておくことで、瞬フリが利用できます。振込キャッシングにも、WEB返済にも対応して手数料の節約になります。ジャパンネット銀行のメンテナンス時間以外は24時間365日いつでも使えるのも、プロミスに人気が集まる理由になるでしょう。

プロミスの手続きは簡単

プロミスは、審査申込みから結果受け取り、WEB契約と振込キャッシングまで、外出することなく手続きする方法があります。他にも審査結果までメールで受け取り、自動契約機で契約とカード発行を受ける方法もあります。

 

手続きには、本人確認書類として運転免許証や健康保険証を用意しておくと便利です。転居したばかりで証明書類と現住所が異なる場合のみ、補足資料として公共料金の請求書や領収書、住民票などを用意しておきましょう。収入証明書は冒頭でもご紹介した通り、プロミスのみの希望限度額や他社借入と合計した金額が一定以下の場合提出する必要はありません。銀行と比較すると収入証明書類の不要とする希望限度額は低いですが、法律で定められたルールなので理解した上で申し込むを検討するのがお勧めです。

カードローンだけではない利便性

プロミスでは一般的なカードローンとしてフリーキャッシングや女性用のレディースキャッシングがあります。女性がもし混みやすいことでも有名になりました。その他にも、おまとめローンや自営者カードローン、目的ローンのサービスも提供しており金融商品がバラエティ豊かなのも魅力だと言われています。

 

消費者金融であるプロミスですが、おまとめローンには総量規制の例外が適用されるため、年収の1/3を超える融資も可能となっています。金利の比較をして、使いやすいおまとめを検討できます。
また、カードローンは使用使途自由となっていても事業性融資に対応しない金融業者がほとんどです。ところが、プロミスの自営者カードローンは事業性融資にも他の用途にも使える点が評価されています。
最後に目的ローンは、都度融資ではありませんが目的とまとまった金額がわかっている方に便利なローンサービスです。毎月の返済額が変動しないことから、わかりやすい返済計画を立てることができるでしょう。

 

プロミスで利用する商品によって、お金を借りる方法や金利、返済方法が異なりますので、項目を挙げて比較しながら検討して下さい。