お金を借りる在籍確認

●キャッシングで在籍確認をする理由

銀行や消費者金融でキャッシング審査を受けると、必ず実施されるのがお勤め先への在籍確認です。申し込み者は、職場に消費者金融会社などから電話連絡があると、社会的信用を損ねるのではないかと不安になるため、最も嫌な手続きだと言う方が多いです。
しかし、カードローン審査では、職業の有無や正しい情報が申請されているかを確認するため、勤務先に連絡する決まりになっています。

 

ただ、銀行キャッシングでも、プライバシーが重視されるようになったため、金融会社の会社名や消費者金融名を出すことなく連絡するのが一般的になりました。もちろん、消費者金融系では貸金業法により申し込みの事実を第三者に話してはいけないと定めていますので、消費者金融名を名乗るのは違法な行為とも言えます。
そのため、在籍確認の際には、担当者の個人名で連絡があるだけで、勤務先にはローンカードの審査が発覚することはないでしょう。また、実際の確認連絡の前に、カードローン申込者の携帯電話に「これから在籍確認の電話を掛けます」と一報を入れることも依頼できるので、かなり安心だと言われるようになりました。

 

消費者金融系の中には、在籍確認をする担当者の性別を選ぶこともできます。ただし、架空の企業名や氏名で連絡して欲しいというリクエストは受け付けていません。法律で禁止しているため、偽名での連絡には対応できないからです。

 

このような配慮をする中でも在籍確認がなくならないのは、申し込みをする人の中には、職業や年収など必要な情報で虚偽の申告をするケースもあったことが挙げられます。返済能力と申し込み者本人の信頼度を測る尺度としても、欠かせない手順だと考えられています。

●在籍確認をしない方法はない?

在籍確認の必要性はわかりますが、それでは「確認の方法は電話連絡にしなくてはいけないのか?」と疑問を感じるでしょう。
給料明細や社員証、健康保険証など、提出する書類が増えても書面での確認が取れるなら、わざわざ申込者にとってリスクになる確認作業をしなくて良いのではないでしょうか。

 

銀行などの金融機関の他に、キャッシング業者でもニーズに合わせて高額の利用上限額を設定するようになりました。その高額な融資に対する返済能力を審査するため厳しい水準なのも当然でしょう。結果として、在籍確認はやむを得ないデメリットとして容認されています。

 

しかし、一部のカードローン業者では、申込者の要望により在籍確認をせずに審査が受けられるようになっています。

●在籍確認なしのキャッシング業者

プロミスは、申込者本人から在籍確認の電話をしないで欲しいと要望を受けると、別途提出書類での在籍確認に切り替えることができます。原則として収入証明書が必要ない希望上限額の方でも、給与明細書や社員証など会社で発行する書類を提示することで在籍確認済みとなります。

 

在籍確認をしないのではなく、「電話を掛けない在籍確認」に対応しているということです。

 

銀行カードローンでも、じぶん銀行は在籍確認をしていないという噂があります。正確には学生や専業主婦、年金受給者の方には在籍確認していませんが、お勤めの方に対しては職場への在籍確認で電話連絡をしています。

 

現在のところ、電話での在籍確認を確実に避けたいと言う方は、プロミスに申し込んだ方が良いと言う結論になるでしょう。
注意点として、プロミスは消費者金融のため、安定した収入があることを条件にしています。つまり、学生や専業主婦、年金受給者は給与所得がないので、この条件には該当せず審査通過は厳しいと言うことです。
消費者金融は総量規制の観点から、年収の1/3以上は融資できず、給与所得がなければ法律上融資はできない決まりだからです。

●在籍確認を避けたい人のNG行為

フリーローンやカードローンの利用は、職場に知られたくないと誰もが思うでしょう。中には、「勤務先には固定電話がないから携帯電話にかけて欲しい」と説明することで、何とか借入をしようとする方もいます。
どのような規模の会社でも、一般的に固定電話がないのは社会的に信用を得るのは難しいですし、会社名や所在地がわかれば固定電話の有無は確認できます。
申込書に虚偽の申告を記載すると、返済能力のある申し込み者も信頼を失い、審査通過はしないと考えて構いません。

 

書類を提出する前に、在籍確認に関する相談をしてみるのも1つの方法です。

 

また、勤務先への連絡の他に、ご自宅への在宅確認をするローン業者があります。家族に知られたくない人には、この確認電話も困りますし、カード受け取りも自宅ではしたくないでしょう。
ただ、ローンカードの受け取りをマンションの管理人に依頼して、勝手に借入をされるトラブルも予測できますので注意が必要です。本人限定受け取り郵便で配送するキャッシング業者も増えているため、キャッシングの利用には多少の避けられないデメリットがあることを把握していた方が安心でしょう。

●在籍確認のデメリットを緩和するコツ

電話での在席確認がある業者しか利用できない場合は、多少の工夫でデメリットを緩和することが可能です。

 

まず、会社の同僚には「クレジットカードに申し込んだから確認の電話がある」と伝えておくと、カードローンの確認電話だと発覚しないと言われています。職場の状況にもよりますが、1つの手段となるでしょう。

 

次に、在籍確認の電話には本人が出ない方が良いとも言われています。銀行でも消費者金融でも、本人が電話で対応すると簡単な質問をして、確かに本人であることを確認しています。
しかし、本人以外の職場の同僚が電話に出た場合、「○○さんはいらっしゃいますか」と質問するだけで在籍確認は終了となります。申し込み者本人は席を外していても確認作業が終わります。

 

勤務先の電話がナンバーディスプレイ対応の場合、電話番号が表示されるのも不安ですが、消費者金融ではナンバーディスプレイにも対応するため、専用の携帯電話を用意しています。
万が一、申込者本人以外から折り返しの電話がかかっても、消費者金融名を名乗ることはないので安心して下さい。

 

最後に、仕事上の電話がかかってくることはないと言う方もいるでしょう。その場合は、電話で在籍確認をするのが基本ルールとなっている銀行や消費者金融で審査に通過するのが難しいため、プロミスのように書類対応が可能な業者を選ぶことをお勧めします。