お金の借り方

お金を借りるための会社一覧

公的な融資期間でお金を借りる

 

 

日本政策金融公庫では、年金を担保にする融資や、他にもたくさんの融資サービスを提供しています。
また、銀行や消費者金融のカードローンでは使用使途として認められていない事業性融資にも低金利で対応していることから、時間に余裕がある方には利用しやすい貸付金制度があります。

 

金利ではメリットの多い借り入れが期待できますが、申し込み後に審査が行われます。返済能力の確認をするため、中小企業でも事業計画書や納税証明書原本、印鑑証明書など事業に関する証明書類の提出が必須です。

 

担保や保証人を設定することも融資の条件となるので、その点を理解した上で検討しましょう。万が一、連帯保証人が見つからない場合は、信用保証協会に依頼をして、保証金を支払いながら貸付金を受ける方法もあります。連帯保証人、保証協会ともに利用できない状態であれば、借り入れは難しいと考えて構いません。

 

日本政策金融公庫に申請し、保証協会付きで銀行から融資を受ける形態は、銀行プロパー融資と呼ばれますが、新規立ち上げ企業に関しては融資の件数が少なくなっています。

銀行融資でお金を借りる

銀行でお金を借りるには、まとまった金額のローンだけでなくカードローンで少額のお金を借りる金融商品があります。
住宅ローンや車のローン、教育資金などの目的別ローンなど、金額の大きな融資は、銀行ならではの厳しい審査が実施されるので、融資実行までに時間がかかるのがデメリットだと言われています。
また、銀行の低金利を活用できるカードローンは、スピーディーな審査回答が行われるようになり、利便性が高くなったと注目されています。

 

実際には提携している保証会社の審査を受けてから、利用の可否が決定されます。契約を終えると、ローン専用カードやキャッシュカード兼ローンカード、もしくは振込キャッシングでもお金を借りられるので、消費者金融と同じように利用できます。

 

専業主婦や年金受給者、学生の方でも審査対象になる銀行があるので、審査に通過できれば利用可能だと考えられています。

消費者金融からお金を借りる

消費者金融ではカードローンを利用して、お金を借りることができます。
申込みをすると各種証明書類を提出して審査が行われ、利用の可否を決定しています。仕事をしているのが前提となり、勤務先に電話での在籍確認を行ってから、審査の結果が通知されます。専業主婦や年金受給者の場合は審査対象にならないと考えてください。
契約手続きが完了すると、銀行口座への振込キャッシングや、ローンカードを使用してATMからお金を借ります。

 

書類での在籍確認をする業者や、金利無料期間を設けている業者など、利用者に対するサービスレベルの高さには定評があります。
ただし延滞すると遅延損害金が20%になるので、返済管理には注意しましょう。

生命保険を担保にお金を借りる

生命保険会社方も、ご自身の生命保険を担保にしてお金が借りられます。「保険金に対して70%まで」などの条件があるので、利用可能な額と金利を確認してから検討しましょう。
また、祝い金の受けられる生命保険を担保にお金を借りて、延滞した場合は祝金が返済に充当されることもあるので要注意です。

 

契約貸付金制度と呼ばれていることもあり、保険会社によって金利の設定は異なります。契約貸付の金利は、複利で計算されるので、初年度は元金と利息を合計した金額を返済、複数年に渡る場合は1年経過ごとに元利合計金に対して利息を加算する方式を取っています。
早期返済によって元利金の負担は軽くなります。契約貸付金は短い期間で返済できそうなときに選択した方が良いでしょう。

 

また、保険契約書に記載されている名義人本人だけが、貸し付け対象です。

 

 

勤務先からお金を借りる

従業員貸付制度や社内融資制度を設けている企業もあるので、銀行よりも低金利でお金が借りられる可能性があります。金利の目安は、公定歩合+4%が一般的で、2016年4月段階の公定歩合は0.30%となっています。日々変動するので確認は必要ですが、銀行カードローンと比較しても安心できる水準でしょう。
ただし、社内融資規則の中で、病気療養や緊急生活資金、出産費用など、使用目的を限定している可能性があるため、人事担当者との相談が必要になります。
また、従業員であっても企業内で返済能力に関する確認を実施しているので、その結果、利用可能な金額が決定されると思って良いでしょう。
提出が必要な書類や、勤務実績などを調査して、審査を実施するケースが多いです。

 

従業員貸付金制度を提供している会社でも、担保や保証人を決めるか、保証会社による保証付きでなければ融資が受けられない可能性もあります。社内融資により社会的な信頼を失うことはないので、消費者金融を利用するよりも安心できると言う方もいます。
返済が滞ることがあれば、給与の差し押さえなどの条項が盛り込まれることもあるため、先に確認して下さい。

 

この他の様々なお金の借り方について下記サイトを参考にしてみてください。

 

お金を借りる教習所 - 初めてお金を借りるあなたの不安や疑問点を解決するサイト

 

http://okane-kyosyujo.com/

国と会社が活用できる財形融資

国と事業主で設けている制度で、会社員のみが対象となる財形制度があります。従業員が将来設計に使用できる資金を貯蓄する仕組みです。
その制度の中には貸付制度があり、一般財形貯蓄や財形住宅貯蓄、そして財形年金貯蓄のどれか1つを利用していれば、住宅の取得やリフォームの際にお金を借りることができます。
従業員貸付金とは別の方法で、4000万円が上限額となっています。金利は5年固定金利、5年おきに金利の見直しをして最長35年で返済します。

あっせん書を活用してトラブルを乗り切る

融資を受けると思わぬトラブルが起こることもあります。弁護士に依頼すると高額の費用が掛かるので、他の方法を探している方がいるのではないでしょうか。
あっせん書に、現在起こっている問題を具体的に書いて提出することにより、あっせん委員の仲裁を受けて話し合いの場を持つことができます。専用フォームはインターネットでダウンロードできますし、記入例を見ながら記載できるので、あまり難しくはないでしょう。
第三者が介入することにより、冷静な話し合いを行って解決を図ることが可能になると言われています。

お金を借りるのに無利息のサービスがあると便利

●銀行から無利息でお金を借りる

 

 

銀行から融資を受ける住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどでは、無利息で提供されるサービスはほとんどありません。高額の資金融資を利用しますので、連帯保証人や担保が必要な場合もあります。お金のレンタル料とも言われる利息が必要なのも当然でしょう。さらに、厳しい住宅ローン審査が実施され、結果通知にも日数がかかると言われています。

 

しかし、銀行カードローンの申込みをするなら、無利息期間を設けている一部の金融機関を利用できます。
新生銀行のレイクでは、30日間か180日間のいずれかから無利息期間を選べます。利用条件があるので、該当するサービスを選択することになります。審査対象条件に該当し、新生フィナンシャル株式会社の保障が受けられる方なら利用できる可能性があります。

 

また、他の銀行でも、期間限定でカードローンの無利息キャンペーンが実施されることがあります。以前はりそな銀行や三井住友銀行でも無利息キャンペーンを実施していましたので、利用を検討する際には各金融機関の公式サイトでキャンペーン情報を確認しましょう。

 

 

●消費者金融から無利息でお金を借りる

 

カードローン会社でも、ほとんどの場合、利息を支払って、お金を借りるのが標準的なサービス内容です。
ところが、プロミスやアコムでは、利用対象者を限定して無利息期間を設けています。プロミスやアコムの無利息条件は、初めてキャッシングする方のみ、所定の期間は無利息で利用できます。
また、プロミスは電話ではなく書類の在籍確認を実施しているので、仕事をしている方も勤務先への電話連絡を気にする必要がないので安心できると考えられています。

 

新生銀行グループのノーローンは、審査通過して契約まで終えることができれば、何度利用してもキャッシングをした日から7日間を無利息期間としているのが特徴です。
7日間以内に完済するなら利息はかかりませんし、30日間で完済しても7日分の無利息が適用されるので残り23日分の利息が請求される方式です。

 

他の大手消費者金融でも、期間限定の無利息キャンペーンを実施する可能性があります。そのため、無理なくお金を借りるために、便利なカードローンカードローン選定のために、それぞれの公式サイトを見ておくと良いでしょう。

 

 

●公的機関から無利息でお金を借りる

 

公的機関で融資を行っている福祉資金の貸付を行っており、収入の減少によって生活に困窮した場合にも、福祉による融資で生活費を捻出できます。

 

社会福祉協議会に申請を行う生活福祉資金貸付制度の利用でも条件によっては無利子でお金を借りることができます。高齢者世帯や障害者世帯、低所得世帯などに対して、世帯収入や生活状況などの利用条件を定めて、審査のうえ生活福祉資金貸付を行っています。
緊急小口資金や教育支援資金は無利子、そして総合支援資金、福祉資金は連帯保証人がいると無利子、連帯保証人がいない場合は年率1.5%の金利です。また、不動産担保生活資金は年率3%か、日本銀行のホームページでも公表している長期プライムレートの利率の低い方が適用されます。

 

厚生労働省のホームページには、生活福祉資金貸付の条件などを一覧表にして掲載しており、貸付限度額、償還(返済)期限や利子、保証人の要不要などの情報を紹介しています。

 

また、東京都のように女性福祉資金貸付条例がある自治体では、居住実績が6カ月以上、不要の有無、婚姻歴がある40歳以上で現在配偶者がいないなど条件に該当する女性に対して資金の融資を行っています。返済能力を審査し、連帯保証人がいれば無利子、連帯保証人がいなければ年率1.5%の利子となります。就学支度や修学資金の場合は無利子で使用できるとしています。
申込みに必要となる書類はかなり多く、貸付申請書や戸籍謄本、住基カードなど7種類程度の書類の他、利用する融資制度の合わせた書類が必要です。償還計画を提出し、その内容に関しても審査が実施されます。
資金の使用用途は自由ではなく、該当する種類に当てはまることも求められます。事前に決定した償還方法で返済しますが、万が一延滞した場合は、年率5%の金利となり、状況によっては差し押さえが実行される可能性もあります。

 

銀行や消費者金融のカードローンのように緊急の融資ではなく審査に時間がかかるサービスもあるため、計画的に申し込むことが推奨されています。

無利息でお金を借りる注意点

銀行や大手消費者金融のカードローンで無利息期間を利用する場合、その期間がいつからスタートするのかを確認しましょう。
プロミスやアコムでも、契約翌日からキャッシング利用の有無に関わらず、無利息期間が始まります。ローンカードが手元に到着していなくても、振込キャッシングの利用が出来るため無利息期間が無駄になることはないでしょう。
ただし、すぐに利用する目的のない方が、契約を済ませていつでも使えるようにしておこうとする場合、実際にキャッシングする段階で無利息期間が終了している可能性があります。

 

また、仮に30日間の無利息となっていても、その間に返済期日があれば所定の金額を返済します。中には無利息期間中に返済はないと、勘違いするケースもあるので注意しましょう。
この無利息の期間中に延滞した場合、通常金利や遅延損害金の適用をする会社もあり、蝶優位の項目だと言われています。

 

●無利息ですぐにお金を借りるなら

 

新生銀行のレイクも審査がスピーディですし、プロミスやアコムも審査が順調に進むと、早ければ即日融資にも期待できます。
ただし、消費者金融であるプロミスやアコムは仕事をしていて給与所得のある方を対象としているので、専業主婦や年金受給者の方は、新生銀行のレイクに申し込むなどの使い分けが重要です。学生でも満20歳以上でアルバイトなどの給与所得があれば、レイクの審査対象になるでしょう。

 

それぞれの審査回答時間が異なりますので、時間に間に合う申し込みをお勧めします。また、ローンカード郵送までには時間がかかるので、自動契約機を利用してローンカードを取得するか、振込キャッシングを利用するようにしましょう。

今すぐ10万円のお金を借りたい人の即日融資

●少額のお金をすぐに借りたい時のカードローン

 

急な出費で今すぐにお金を借りたいと言うことはどなたにでもあります。金額も高額ではなく10万円くらいで良いケースが多いでしょう。
そんなときにも使いやすいのが銀行系や消費者金融系のカードローンです。
業者の公式サイトから申請して必要書類を提出しておくと審査が開始されます。その審査に通過できれば、契約後にカード発行して即日融資の借り入れが可能になるシンプルな方法です。審査も、一般的にはスピード感があるため、使いやすいと様々な記事にも、利用した人の感想が紹介されています。

 

信用情報に返済問題の履歴がなく、不備のない書類が提出が出来れば、いつでも便利に使えるローンカードが手に入ります。
銀行もしくは消費者金融の中から、返済も含めて便利な業者を選ぶのがお勧めです。

 

 

●消費者金融カードローンのオススメ

 

大手消費者金融は、審査からキャッシングまでのスピード感に定評があります。審査結果の通知も、最短30分と言われていますので、今すぐお金を借りたい方には非常に便利です。
消費者金融では、WEB申込をすると来店不要でカードローン審査が行われ、無利息期間を設けている金融機関があるのがメリットです。自動契約機や提携ATMの設置数が多いことでも優れています。
一方で収入証明書類が不要となる利用限度額の設定が低めであることや、専業主婦などの給与所得がない方は利用できない点がデメリットに挙げられます。

 

給与所得があり安定した収入がある方なら、モビットやアイフルなどの大手業者や、同じく大手消費者金融で無利息危難のあるプロミスやアコムのような業者を選ぶのも便利です。
消費者金融の審査で必須となる在籍確認は、勤務先への電話連絡がメインとなっています。そのため、金融機関からの電話で職場の信頼関係を損ねたくないと思っている方は、プロミスのように書類で在籍確認をする業者を選ぶ方法があります。

 

契約完了後の手続きには時間の制約があります。即日融資を希望しているなら、ローンカードは店頭や自動契約機で受け取るとすぐにお金を借りられるので、この場合はそれほど時間を気にする必要はないと言われています。ただし、お持ちの口座に振込キャッシングする場合のみ、14:50頃を目安に手続きを締め切っています。消費者金融によって異なりますが、締め切り時間が決まっていることを把握しておくと、即日融資の確実性が高くなります。

 

 

●銀行カードローンのオススメ

 

銀行系カードローンは、以前よりも審査が早くなったので、利用対象条件に当てはまる方には使いやすいでしょう。
専業主婦や年金受給者も年齢条件をクリアして、本人確認などの必要書類提出で、ローンカードの融資が受けられる可能性があり、メリットが評価されています。収入証明書類の提出をしなくて良い利用限度額が高く、低金利なのも特徴に挙げられます。
専業主婦の場合、配偶者の安定した収入を証明することが求められか、利用可能な限度額が限定されることがあるので、金融機関の条件を確認して下さい。
メリットが多い反面、スピーディでも厳しい審査を行っているため、信用情報に延滞歴などマイナスイメージの情報が残っている方は、審査通過が厳しいと言われています。ほとんどの銀行カードローンでは信用保証会社の保証を受けることが必須となるため、保証会社で審査を行っています。これにより迅速な審査が期待できますが、審査基準が緩くなることはないでしょう。
消費者金融のような無利息サービスがほとんど利用できないのもデメリットに挙げられます。

 

ただ、新生銀行カードローンのレイクでは、30日間の無利息サービスを実施していますので、希望に合わせた金融機関を選ぶと便利になるでしょう。

 

 

●主婦が使いやすいイオン銀行

 

イオン銀行カードローンBIGは、無担保ローンとして利用できます。
最大で800万円の高い利用限度額に、実質年率3.8〜13.8%の低金利が魅力となっており、300万円までの希望限度額なら原則として収入証明書類の提出は必要ありません。
また、銀行のカードローンのため、総量規制に関係なく専業主婦の方も利用できます。
同じくイオン銀行で提供するネットフリーローンは、いつでも利用できるキャッシングではなく、まとまったお金が必要な時を限定しているので、利用目的が異なることに注意しましょう。

 

今すぐお金を借りるのを目的としていて、金額も10万円程度で十分だと思っている方なら、申し込みやすい銀行カードローンだと言えるでしょう。
イオン銀行口座を開設するのが必須条件となりますが、インターネットバンキングを利用すると、審査結果や利用開始が早くなるので、事前にネット銀行口座を開設しておくと便利です。

 

公式サイトには、詳細な利用条件が刑しているので確認して下さい。

 

 

●安心感なら三井住友銀行

 

三井住友銀行カードローンも、スピーディな審査で注目されています。利用条件に、安定した収入があることを前提としているので、イオン銀行と異なり専業主婦の方は審査対象外です。
最高限度額は800万円で、金利は実質年率4.0〜14.5%、インターネットバンキングで申し込んだ場合のみ300万円以下の希望上限額までなら収入証明書類は原則不要です。

 

ただし、利用限度額が高ければ低金利となっているため、100万円以下の限度額では12.0〜14.5%の金利が適用されます。10万円で申請した場合、利息の負担が大きくなる可能性があります。

 

申し込み方法は6通りありますが、郵送の場合は時間がかかるので、パソコンやスマホを利用してWEB申込み、またはインターネットバンキング、ローン契約機などを利用して申し込むのがお勧めです。三井住友銀行の口座を持っていなくても申し込み可能となっています。
審査結果の連絡をしているのが9:00〜21:00までなので、即日融資を希望している方は審査開始時間には申し込んだ方が良いでしょう。

 

三井住友銀行には目的ローンとして10万円から1万円刻みで借りられる教育ローンもありますが、目的が限定されています。自由な用途の無担保ローンを希望する方には向かないでしょう。
申込みに関する留意点などは、公式サイトに掲載していますのでしっかり確認してから検討しましょう。